PEOPLE

人を知る

相原 大輝 | HIROKI AIHARA

職種/配送 
入社年/2014年(新卒)

INTERVIEW

お客様の手から手へ届ける使命。
運んでいるのは、“想い”です。

キャリアステップ
2014年4月 総合職として新卒入社。
以来、配送職として勤務。

同じ仕事はふたつとしてない。
だから、毎回新鮮な気持ちで仕事を楽しめる。

就職活動は、特に業界も職種も絞らずに行なっていました。さまざまな企業を受けるなかで、ふと目に止まったのがソクハイの創業エピソード。“ウエディングドレスを東京から新潟まで届けた”という話にとても興味が湧いたんです。他にも何社か内定をいただきましたが、社内の雰囲気の良さにも惹かれ、入社を決めました。
入社以来、お客様にいちばん近い配送職として経験を積んでいます。多いときで1日12〜13件。主に関東近郊の配送が多いですが、ときおり遠方へのお届けもあり、そのときは社用車を運転することもあります。お客様のご要望があれば、可能な限り柔軟にお応えするのが、ソクハイのポリシー。入社6年目になりますが、届ける品物も、お届け先も、走るルートも毎回違うので、毎日新鮮な気持ちで仕事を楽しんでいます。

“いまこの瞬間も、待っているお客様がいる”
お客様の大切な想いも、しっかり届けたい。

バイクの運転経験がなかった私ですが、先輩が丁寧に教えてくれたおかげで、約1週間後には一人で配送を任されるように。経験を積むうちに地図を見なくても、住所を見れば届け先までのルートが分かるようにもなりました。
新人の頃、初めて雪の日の配送があり、寒さと雪道に苦戦しましたが、お届け先で温かい缶コーヒーをいただき、あのときは嬉しかったですね。ほかにも、東京から仙台まで車で工事部品を届けたり、忘れ物のパスポートをご自宅から成田空港まで届けたり。“いまこの瞬間も、待っているお客様がいる”と思うと、お客様の想いもいっしょに運んでいる気持ちになります。
今後も、「どうしたらもっとお客様に喜んでいただけるか」を常に考えることで、新しいサービスの提案や配送スキルのさらなる向上に努めていきたいです。

PRIVATE

プライベートの過ごし方

仕事柄、外にいることが多いので、休日は家で読書をするなど、ゆっくり過ごすことが多いですね。また、月1回は体を動かすようにしていて、草野球チームにも参加。ポジションはセカンド。いいリフレッシュになっています。

OTHER INTERVIEW

Hiroki
Aihara相原 大輝

2014年/新卒入社

Yoshimi
Sato佐藤 好美

2008年/新卒入社

Yutaro
Yoshiike吉池 裕太郎

2014年/中途入社