情報セキュリティ基本方針

1.基本理念

私達は、お客様の情報を、安全且つ迅速・確実にお届けするために、社会的インフラとして、信頼性向上に寄与するサービスの提供を先駆的に取り組んでいます。
お客様からの信頼と安心を保持するために、高い情報セキュリティ対策の実施により、紛失、盗難、不正使用などから情報資産を確実に保護し、いかなる情報セキュリティ事故をも未然に防ぐことで、お客様が安心してサービスを受けられるよう、以下の目標と行動指針を定めます。

2.目標

お客様の利便性や社員の操作性を守りつつ、情報セキュリティ事故0を実現

3.行動指針

  • 組織的且つ継続的な運用を可能とするため、ISMS事務局を設置し、ISMSの確立と維持を行う。
  • 機密性、完全性、可用性の高い信頼性実現に必要なリスクマネジメントシステムを構築し、且つ実施する。
  • 情報セキュリティの推進にあたっては、ISMS事務局および各部署内部監査員が主体となり、従業員への周知を図る。
  • リスクを合理的に評価するための基準とリスクアセスメント構造を確立する。
  • 情報セキュリティに関する法的、または規制要求事項を順守する。
  • 契約上の情報セキュリティ要求事項を順守する。
  • 基本理念、目標、及び行動指針は全社に適用する。
  • 情報セキュリティ事故が発生した場合、迅速に処理し、被害の拡大を防止する。
  • 情報セキュリティの教育・訓練を行い、啓蒙に努める。
  • 情報セキュリティに関する違反に対しては、厳正な処分を行う。

2007年3月1日
株式会社 ソクハイ
代表取締役社長 木村 章夫

まずはお気軽にお電話ください。最適なプランをご提案いたします。

オンライン集荷依頼

ページトップへ