バイク便ブログ

バイク便のパイオニア ソクハイのバイク便ブログです。バイク便という緊急性が高いサービスが故に、1便1便に様々な出来事が生まれています。その現場最前線である、バイク便ライダーから思い出深かったことについて発信していきます。

親戚


バイク便をやっていると、やはり一般の方々には道に詳しいと思われているようで、 待機などしていると良く道や住所、ビル名など尋ねられます。 突然、遠くから「ソクハイさ~ん!!」 と呼ばれ、何事かと話してみると 「わし今日、京都から来てんけど大阪はさっぱりわからへんねん。わし今どこにおんの?」 まあ、こんなことは日常茶飯事です。 大阪も東京に負けず、海外から観光客がたくさん来られていて、 なぜだかその観光客の方からも道を尋ねられます。 やはりボックスを積んだバイクを見て 海外の方々も「「道案内!」」と思われるのでしょうか。 ある日、英語圏の外国人の方に英語で道案内をしていると、 それを見た中米系のご […]続きを読む⇒

通販の配達の水面下では


最近、テレビやネットで買い物をする 所謂 「通販」を自分も良く利用するようになりました。 書店に在庫が無い時などに大変重宝しています。 同じく配送に関わる物として、宅配業者さんの方々は 沢山の荷物の保管や管理などを、どうしているのだろうと気になったり、 到着までの早さに感心する事が多々あります。 我々バイク便では企業間の配送が多く、お届け先ではご本人様へ直接手渡しが基本となります。 その為、個人宅へのお届の場合に予めご不在かどうかお客様が確認されていて お宅へのポスト投函するよう指示を頂く事もあります。 荷物のサイズが郵便受けに入るか 郵便受けに入ったとしても折れ曲がったりしないか そもそもこ […]続きを読む⇒

記録更新!


バイク便の仕事の醍醐味といえば、 お客様から「早いね!」「助かったよ!」「ありがとう!」 などの、感謝のお言葉を、頂けた時です。 ですが… 報酬の高いお仕事を頂けたときは、それはもう… 営業所での会話も弾んでしまいます。 私達も人間ですからね。(笑) つい先日、新年早々、東京都内某所から愛知県東海市行きの手配を頂いたのです! 私が所属する営業所の、ロング便の記録(ハンド便を除く)は、 310kmでしたが、355kmで、更新しました! ですが、それはもう…それだけ高い報酬を頂戴する訳ですから お仕事としては大変でした。 大変だった理由の一つとして、 私が愛用しているバイクが、ホンダPCX150だ […]続きを読む⇒

果たしてラーメンなのか


以前ブログにも書かせてもらった事がありますが、 バイク便のライダーには、ラーメン屋に詳しい人がたくさんいます。 一日の仕事が終わった後に、帰宅途中で都内各地のラーメン屋さんに寄る人が多いからです。 特にこの寒い時期にはラーメンは至高の食べ物と言ってもいいでしょう。 そんな中、『麺なしラーメン』に、はまっているというライダーさんがいました。 麺なしラーメン=麺が入っていないラーメン? それは果たしてラーメンなのでしょうか? そのライダーさんに詳しく話を聞くと、 「通常のラーメンのスープに麺が入ってなく、代わりに野菜が山の様に盛られている」 との事です。 お店によっては、その山もりの野菜の一番下に […]続きを読む⇒

爪先


冬の時期、私がもっとも辛いと思うのが足先の冷えです。 足先対策はライダーさんそれぞれ違いますが私の場合は 五本指の靴下を履き インナーソックスを履き、 冬用のバイクブーツ の3重対策で凌いでいます。 こうすると夕方手前までは冷えを抑えることが出来ます。 爪先からも強い意欲を感じます。 爪先 「3重対策したし、今日は遅くまで頑張って稼ごうな!」 しかし、すると次の問題が生じます。 蒸れて、だんだん爪先が湿ってくるのです。 蒸れは夕方からの冷えを加速させ、爪先が私にこう訴えかけてきます。 爪先 「早く蒸れから解放してくれ!」  この冷えの前には、朝の意欲も負けてしまいます。 こうして私は今日もいつ […]続きを読む⇒

バイク便とカイロ


私は、普段「カイロ」などは使わずに、寒さに耐えていました。 どこか使ったら負けといった感覚すらありました。 ある日、天気が崩れたら雪になるだろうなぁと思うほど寒い日の事でした。 手配された配送は高速道路に乗り、東京からかなり北上する長距離の配送でした。 あまり高速道路を使用する仕事はしたことが無かったのと 高速道路上は運転しっぱなしになるのし、東京でも寒いのに北上したら寒くて耐えられないだろうと ついに、コンビニで100円8パック入りのカイロを購入しました。 8パックも入っているけど100円なので一つ一つは小さく頼りなさそうでした... そこで! 右太もも1枚・左太もも1枚・右腕1枚・左腕1枚 […]続きを読む⇒

私的バイク便30年史–冬装備編–


私がソクハイに入った30年前は、バイク用の防寒服というものは あまり一般的とは言えなかった。 全くなかった訳ではないが、当時の稼ぎにとっては目の飛び出るような 価格だったため、とても手がでなかったのである。 周りを見ると、スキーウェアで凌ぐ者、新聞紙を巻く者、 女性もののストッキングをこっそり履く者、 足の指の間に唐辛子を塗る者・・・ いや、決して冗談やウソを並べている訳ではない。 自分の当時の冬の装備と言えば、とにかく『持っている衣服を全て着る』。 最高で12枚(上半身だけで)着込んだ。 こうなるとゴーストバスター(最初の)に出てくるビバンダムみたいなもので、 後方確認などできない。後ろを向 […]続きを読む⇒

広い敷地に


私は東京エリアのライダーです。 多くが東京23区内の配送なのですが、 まれに遠方に行く事があります。 ある時、東京を離れて遠方の工場へのお届けでした。 とても大きな入口から中に入りました。 見通せる範囲には似たような建物が沢山立ち並んでいました。 警備員の方にお届け先の部署や建物の位置を教えて頂きました。 再びバイクに乗って敷地内を移動です。 しかし、、、、 敷地内が物凄く広く、建物自体に看板や案内板等もないため 場所がわからなくなってしまいました。 いわゆる迷走です。 周りを見渡すと、遠くの方にフォークリフトに乗って作業していらっしゃる方を見つけました。 バイクで向かいお届け先の場所をお伺い […]続きを読む⇒

、、、の名は


それは某テレビ局様から個人宅様宛への配送する仕事でした。 書類を受け取り、お届け先のお宅に到着し、 門扉を確認すると「○○書道教室」と大きく書かれた看板がありました。 書道の先生にお届けなのか。。。等と考えながらチャイムを鳴らしました。 藍色の着物、仙人のような頭髪、口髭、共に白髪混じりの 初老の男性が手に筆を持ったまま出てこられました。 こちらにサインをとお願いしたところ、手に持っていた筆で受領のサインをして頂けました。 しかし、達筆過ぎて何と書かれたのかわかりませんでした。 バイク便はどなたにお届けしたかが重要です。 代理の方に届いてしまうとせっかくの急いで届けた荷物がそこに止まってしまう […]続きを読む⇒

プロライダーとして


その日は朝から仕事が落ち着いていて 自分で設定している売上目標=マイノルマの達成を諦めかけていた時、 都内から長野県までの仕事が入った。 一気にマイノルマを達成しウキウキ気分で中央高速を走る。 無事に配送を終えると時間は20時になっていた。 マイノルマも大幅に超えていたのでそこで仕事を上がった。 あとは帰るだけなので特に急ぐ必要もない。 せっかく長野県まで来た事だし、ちょっとツーリング気分を味わおうと思い 来た時は違う、山道ルートを通って帰る事にした。 するとだんだん道が細くなってきて街灯もなくなり舗装も傷んでいる。 路面には折れた草木が散乱し荒れ放題。 不安になって停まって地図を見てみると道 […]続きを読む⇒
ライダーさん募集!日額保障11,000円。今なら最大1ヶ月

最新の記事

アーカイブ

まずはお気軽にお電話ください。最適なプランをご提案いたします。

オンライン集荷依頼

ページトップへ