2014年1月1日から1年間の記事一覧

届けたものは、


かなり以前、東京都内から都内へのバイク便の事です。 集荷先へ伺ったところ、 『風邪をひいてる息子に、これをお願いします』 と、渡されたのが少し大きめの紙袋でした。 中身はお粥との事でした。 こぼれないように 少しの段差や急ブレーキ等に注意して 運転をし、無事に息子さんへお届けしました。 息子さんは、『ども。』と素っ気無い感じでしたが 受け取って頂きました。 とても息子思いのお母さんだと思いました。 母の愛情を感じるご依頼でした。 ::::::::::::::::: ソクハイではライダーさん、ドライバーさんを募集しています。 ブログで興味が湧いた方は、募集ページも是非ご覧ください。続きを読む⇒

終了報告にて


この仕事をしていて、嬉しいこと。 それは、バイク便のお届けが完了した事をお知らせする 終了報告のお電話の際に、お客様より第一声で、「えっ?!早っ!」を頂けた時です。 ところが、最近はその一言をいただける確率が、 かなり減っている気がします。 たとえ、昔と同じくらい早くお届けできたっ! と思った時であっても「早っ!」をいただけない気がするのです。 人と人との会話が機械的で、冷たいものになったのかなと感じています。 「早っ!」とたとえ思っても、余計な一言と口にしていただけないのかもしれません。 ある日、某広告代理店のお客様からのご依頼の事でした。 集荷の際、お客様はかなり忙しそうな状況でした。 終 […]続きを読む⇒

温かいもの


寒くなり始め、配送中は温かいものがほしくなる季節になってきました。 先日たまたま最後の配送が終了した場所が、 前に勤めていた仕事場に近く、寒いのもあり、 よく仕事終わりやお昼ご飯代わりに行っていたたい焼き屋さんを 思い出し行ってみる事にしました。 前職で何度も行き、常連のようになっていましたが さすがに1年以上たってしまっていたので、 忘れられているかなと思いながらも向いました。 すると、たい焼き屋の大将から 「あれ、なに違う制服なんて着てるんですか? ひさしぶりですね」 と声をかけてくれました。 前と変わらずにおまけだとサービスしてくれ、 温かい笑顔で迎えてくれ、久しぶりに食べる大将のたい焼 […]続きを読む⇒

直接の言葉


ちょうど1年前位ですが、クイック即配便で 東京都江東区のマンションから墨田区にお荷物を お届けするお仕事でした。 江東区に到着し伺うと、少し慌ててらっしゃいました。 バイク便をご利用するのは初めてで、 おじい様が大事な書類を忘れたので慌ててバイク便を頼んだとの事でした。 いくつか丁寧に説明・確認をさせて頂くと ご依頼のお客様は少し落ちついてお荷物を準備して下さいました。 出発する前にお客様から 「おじいさんの機嫌が悪かったらごめんなさいね、、、」 と先に謝られてしまいました。 えっ、怖い方なのかなとソワソワしながらも 安全かつ迅速にと、まずは運転に集中しました。 お届先に着き、お客様に電話をし […]続きを読む⇒

いろいろな住所


バイク便で働いていると、様々な場所に伺います。 たいていの住所には丁目、番地、号があります。 丁目がない場合は番地だけの所もあります。 ところが都内で何か所か 『ここはなんだ・・・』という場所があります。 個人的驚きランキングでいくと 1位 銀座インズ この場所の住所は 中央区銀座西2-2先 です。 ちなみに地図には銀座西という町名はありません。 最後の「先」というのは番地がない事を示しているようです。 元々川の場所で埋めて現在の場所になったのですが、 中央区と千代田区でどちらの持ち物にするか、確定されていないようです。 すごいフワフワした場所です。一等地だからこそ、税収の取り合いでしょうか・ […]続きを読む⇒

見覚えのある


先日、港区の某ビルへお荷物のお届けがありました。 配送指示メールのお届け先の住所を見ると見覚えのある表記、、、、 なんとそのビルは前職の本社があるビルでした。 階数まで一緒だったので 「まさか!!!」 と思いましたが、いざお客様の記入の伝票を見ると お隣のテナント様でした。 それでも隣なので、 「もしかしたら同期やお世話になった上司に会うかも!」 と思いそわそわしていました。 しかし、誰とも会うことなく、そのまま退館しました。 今回は知り合いに会う事はありませんでしたが、 自分の勤めていた会社や友達のいる会社さんが配達先になったり 意外な場所で意外な人と出会うバイク便は、改めて楽しいと感じまし […]続きを読む⇒

今までで一番


私たちのお客様は、さまざまな目的でバイク便をご利用されています。 先日も、とあるマンションの1階にある本屋さんで 取り置きの本を購入してご依頼主に届ける。という便が手配されました。 本を購入し届け先の住所を確認すると、なんだか見たことのある住所。 ん? 今いる本屋さんと同じ住所? なんと、お届け先はそのマンションの7階でした。 私はバイクではなくエレベーターに乗って配送しました。 今までで一番楽な配送でした。 ::::::::::::::::: ソクハイではライダーさん、ドライバーさんを募集しています。 ブログで興味が湧いた方は、募集ページも是非ご覧ください。続きを読む⇒

取扱注意


少し前になりますが とある真夏日、週末の事でした。 港区赤坂から千葉県習志野市のお届けで40㎞ほどだったと思います。 久々の長距離の仕事だし、炎天下から脱出だ! と意気込み、仕事の内容を確認すると、 《生もの取扱い了承済み》 ん?何だこれ?と初めて拝見する手配でした。 本社に確認すると、どうやらお寿司をお運びするようで、おどろきました。 当時は仕事に慣れ始めた頃だったので、 バイク便はこんなお荷物もあるんだなぁ、と関心しました。 お引取先様に伺ったところ、回らないお寿司の高級感満載のお店でした。 お届け先様の依頼だったので、大将も 「わざわざバイク便で頼むなんてありがたいよねぇ。」 と、とても […]続きを読む⇒

テレビ局にて


バイク便の仕事をしていると、一般の方は入れない施設に伺う事もあります。 各省庁、テレビ、ラジオ局などなど。 時にはテレビの画面を通じてしか見た事ない人に遭遇したりします。 テレビ局では意外と一般社員の方が利用されるエレベーターにも タレントさんが普通に乗ってこられる事があります。 東京都港区のとあるテレビ局のお客様に伺った際の出来事です。 1Fのフロントでエレベーターを待っている時、 聞き覚えのある高笑いが聞こえてきました。 その高笑いの声の主は、私の真後ろにきました。 エレベーターに乗った後もスタッフの方に一方的に喋っていました。 声も大きく、テレビ等で言われているように 「すっと喋ってる人 […]続きを読む⇒

しばしの休息


少し前、まだ残暑が厳しかった日、 築地までの配達が終了したときのことです。 近くにコーヒーショップがあったので、しばしの休息をと店に入ろうとした瞬間、 「ソクハイさ~ん!」 と、若干慌て気味の女性の声が聞こえました。 「え!」 と思い、振りかえると 「まだ店にはいちゃだめ!」 と言わんばかりに手を振って、サングラスの良く似合う洒落た夏服のマダムが近づいてきました。 その方は、なにやら鞄から財布を出してゴソゴソ探していました。 「あった!はい。これあげる」 と渡されたのは、そのお店の割引券でした。 「え!何故頂けるのですか?」 と聞くと 「ソクハイさんはいつも忙しくて大変ね! 私、何枚も持ってい […]続きを読む⇒