2014年4月1日から一ヶ月間の記事一覧

爆弾低気圧とバイク便


昨年春に、爆弾低気圧が関東を通過したときの事です。 港区の海に近いお客様へバイク便のお届けが終わりました。 次の仕事に向けて移動を開始しました。 移動を開始して少し広い道路に出たところ 急にものすごく強い風に吹かれました。 身の危険を感じた為、急いでバイクを道路わきに停めました。 バイクには大きな荷箱が付いていますので必死で支えながら風に耐えていたら、 後ろから走ってきたワゴン車が、すごいスピードで近づいてきました。 風に煽られてるのか!ぶつかる!と慌てたところ すぐ後ろにピタッと車は停まり、 バンッ!とドアが開き、マイクをもったレポーターの方が出てきてコメントを求められました。 正直コメント […]続きを読む⇒

小さなお客様


とある東京の個人商店のお客様からのバイク便のご依頼でした。 お届け先は幼稚園へで、午前中までにどうしても届けて欲しいというご要望でした。 集荷に伺って渡されたお荷物は、小さなかわいいお弁当でした。 お子さんを送迎バスに乗せ見送った後に、 お弁当を渡し忘れたことに気がついたのだそうです。 どうしても、お客様はお店を離れることが出来ない為、 バイク便を初めて使ってみたとの事でした。 お弁当がいざ無いと分かると子供が不安になるだろうから、 という事で午前中までにどうしても届けて欲しいといご要望でした。 お子さんが不安がっているんではないかと配送にも力が入りました。 いざ到着すると、どうやらお客様から […]続きを読む⇒

あたたまる缶コーヒー


まるで真冬が戻ってきたような 先日の凍えそうな寒い日の出来事です。 鍵をなくしてしまった方に、鍵をお届けするというバイク便でした。 お客様は家についてから鍵が無い事に気づいて、 鍵を持っているお仕事中のご家族から、鍵を引き取ってくる というご依頼をされました。 お届け先は、東京の文京区の住宅街。 到着すると、お宅の前でお客様が寒そうに待っていました。 鍵をお渡しすると 「やっと家に入れる!」と大喜びされました。 そして、 「バイク便さんって大変なのね~。寒さが身にしみたお陰で良く分かったわ。」と、 ずっと外で待っていたにも関らず、家に戻るよりも前に 温かい缶コーヒーをすぐ近くの自販機で買って私 […]続きを読む⇒

突然の「ソクハイさんありがとう!」


3月の週末の事でした。 東京の港区のお客様先に集荷に伺った所 突然「ソクハイさんありがとう!」と言われビックリしました。 伝票を記入しながら話を伺っていると、 普段はご利用している所にお電話をした所、 その日は特段悪天候でも無いのに混みあっている事を理由に 「本日はお受けできません」と断られてしまったそうです。 困ったお客様はソクハイに問合せをした所、快く受けてくれたと しかもその時間より電話をしてから、15分で来てくれた!と、喜んでいらっしゃいました。 確かに今年の3月の週末はソクハイでも通常の3月よりもかなりご注文が集中する事がありました。 消費税率引上げ前のご注文集中の為、宅配便さんが遅 […]続きを読む⇒